000227 e-mail



 メールの送受信には何を使っていますか? 私が完全に忘れ去られていなければ、これを読んでいる人の中にBiglobeでPost Petを使っている人がいるはずだ。そういう人、下のようなメールを受け取った経験はありませんか?

PostPet2001

 わかったようなわからぬような文字が延々と続いている。これはリッチテキストという形式で書かれたメールで、Post Petでは正しく読むことができないのです。

 上のメールを、Internet ExplorerのおまけのOutlook Expressや、MS OfficeのOutlookで受信すると、差出人が意図した通りに読むことができます。

Outlook Express

 Post PetメールをPost Pet以外のメーラーで受信すると、差出人のペットが帰ってこないのでむっとされます。一方、リッチテキストメールをPost Petで受信すると、最初のページのように、美しくないだけでなく、図や写真や地図が見れない、などということが起きます。

 というわけで、一つのメールアドレスを使って、Post PetメールはPost Petで、リッチテキストメールはOutlook Expressで受信する方法を、以下に書きます。Post PetユーザーのためのOutlook Expressのすすめ、です。

 結論から言うと、すべてのメールを、Post PetとOutlook Expressの両方で重複して受信するように設定すればよいわけです。こうすれば、Post PetメールはOutlook Expressでは正しく処理されませんが同じメールをPost Petで受信したときに処理され、リッチテキストメールはPost Petでは正しく読むことが出来ませんが、同じメールがOutlook Expressでも受信されるので正しく読むことができるわけです。

【 PostPet2001の設定 】

 メニューバーの「設定」の「各種設定」の「基本(必須)」タブで「サーバーにあるメールを残す」に設定し、「その他」タブで「未読メールのみダウンロード」をチェックする。この設定は、現在のBiglobeでは正常に使えるようですが、プロバイダによっては、同じメールを何回も受信してしまう等の不具合が出る場合もあるので、実験が必要です。

【 Outlook Express5の設定 】

 メニューバーの「ツール」の「オプション」でOutlook Express全体の設定を、また「ツール」の「アカウント」でメールアドレス毎の設定をします。Outlook Expressでは複数のメールアドレスを設定することができますが、まずは一つのメールアドレスを設定する方法を述べます。
 Outlook Express全体の設定をします。メニューバーの「ツール」の「オプション」の「全般」タブで「新着メッセージをチェックする」をチェックしない。「送信」タブで「送信済みアイテムに送信メッセージのコピーを保存する」をチェックする。「メール送信の形式」は「テキスト形式」を選ぶ。「テキスト形式の設定」ボタンを押して「メッセージ形式」は「MIME」を選ぶ。「エンコード方法」は「なし」を選ぶ。Outlook Express全体の設定については以上です。

 メールアドレス毎の設定をします。メニューバーの「ツール」の「アカウント」の「メール」タブを開きます。初心者のはずのあなたは、ここに何も表示されないか、誰か親切な人が設定してくれたメールアドレスが1つ、表示されているはずです。ご自分のメールアドレスが表示された人は、下の
赤文字に進んでください。何も表示されなかった人は、「追加」ボタンを押して「メール」を選んでください。「表示名」に名前を入れて「次へ」。「既存の電子メールアドレスを使用する」を選び、電子メールアドレスを入れて「次へ」。受信メールサーバーの種類は「POP3」、受信メールサーバー、送信メールサーバーともに、ご自分のメールアドレスの後半の、「m??.biglobe.ne.jp」です。(Post PetではPOPアカウントを設定しますがOutlook ExpressではPOPサーバーを設定します) Biglobe以外のプロバイダでは違う場合があるので会員登録証などを見てください。で、「次へ」。「アカウント名」はメールアドレスの「@」より前。「パスワード」は会員登録証の「メールパスワード」を入れて、「パスワードを保存する」をチェックして、「次へ」。以上でOutlook Expressでメールを送受信できるようになります。

 
ここからがミソですが、インターネットアカウントの中のメールアドレスをクリックして選択し、「プロパティ」ボタンを押します。「詳細設定」タブで、「配信」の「サーバーにメッセージのコピーを置く」をチェックして、「サーバーから削除する」をチェックしない、「[削除済みアイテム]から削除されたら、サーバーから削除」をチェックしない。以上です。

 メールサーバーってのは、プロバイダの会社のコンピュータの中の私書箱ですが、このように、読んだメールをメールサーバーから消さない(コピーを置く)設定にしておけば、複数のメールソフトやパソコンからすべてのメールを読むことができます。職場のコンピュータと自宅のコンピュータにそれぞれすべてのメールを保管することも、できるわけです。

 うまくゆかない人は、メールか電話ください。



2000年2月27日作成 home pageへ