120413 あなたは私を抱いて家の門に入った、離婚したいなら、あなたはもう一度私を抱いてこの家の門を出てください、と妻は言う




妻说,是你将我抱进家门的,要离婚了,你再将我抱出这个家门吧。

あなたは私を抱いて家の門に入った、離婚したいなら、あなたはもう一度私を抱いてこの家の門を出てください、と妻は言う。

http://woman.39.net/shxc/qg/hynw/124055.html

与妻结婚的时候,我是将她抱过来的。那时我们住的是那种一家一户的平房,婚车在门前停下来的时候,一伙朋友撺纵着我,将她从车上抱下来,于是,在一片叫好声中,我抱起了她一直走到典礼的地方。那时的妻是丰盈而成熟的娇羞女孩,我是健壮快乐的新婚男人。

妻と結婚した時、私は彼女を抱いて入ってきた。 あの頃私たちが住んだのは一家に一部屋の平屋で、婚礼の車が門の前に止まったとき、一群の友人が私をそそのかして、私は彼女を車から抱き下ろして、そして、喝采の中を彼女を抱いて婚礼の場所にまっすぐ進んだのだった。あの時の妻は豊満で成熟したはにかんだ女の子で、私は壮健快活な新郎だった。

这是十年前的一幕。

これは十年前の一幕です。

以后的日子就像是流水一样过去,要孩子,下海,经商,婚姻中的熟视无睹渐渐出现在我们之间。钱一点点地往上涨,但感情却一点点地平下去,妻在一家行政机构做公务员,每天我们同时上班,也几乎同时下班,孩子在寄宿学校上学。在别人看来,生活似乎是无懈可击的幸福。但越是这种平静的幸福,便越容易有突然变化的机率。

その後の歳月は流れるように過ぎて、子供ができて、脱サラ、商売と、婚姻中の無関心が次第に我々の間に現れてきた。金銭的には少し向上したが、しかし感情面ではかえって少し低下した。妻はある行政機関で公務員をして、毎日我々は同時に出勤して、ほとんど同時に帰宅して、子供は寄宿学校に上がった。人が見ると生活は非の打ち所がない幸福に見えるらしい。しかしこのような平穏な幸福であればあるほど、簡単に突然変化する危険がある。

我有了她。当生活像水一样乏味而又无处不在,哪怕一种再简单的饮料,也会让人觉得是一种真正的享受。她就是露儿。

私には彼女が出来た。生活が水のように味気なくマンネリであれば、たとえある種の簡単な飲料でも本当にすばらしく感じられる。彼女は露児という。

天气很好,我站在宽大的露台上,露儿伸了双臂,将我从后面紧紧抱住。我的心再一次被她感情包围,几乎让我无法呼吸。这是我为露儿买的房子。

天気が良く、私は広いベランダに立っていて、露児は両腕を伸ばして私をうしろからきつく抱く。私の心は再び彼女の感情に包囲されてほとんど息が出来ないほどだ。 これは私が露児のために買ったマンションだ。

露儿对我说,像你这样的男人,是最吸引女孩子的眼球的。我忽然想起了妻,刚刚结婚的时候,她似乎说过一句,像你这样的男人,一旦成功之后,是最吸引女孩子的眼球的。想起妻的聪明,心里微微地打上了一个结,我清楚地意识到,自己对不起她。但却欲罢不能。

露児は私に言う。「あなたのような男は女の子の目をいちばん引きつける。」私はふと妻を思い出した。結婚したばかりの頃、彼女は同じような事を言った。「あなたのような男は一旦成功した後では女の子の目を一番引きつける」と。妻の賢さを思い出して、心の中に小さなかたまりを作りあげて、私ははっきりと自分が妻に対して申し訳ないと思った。しかしやめようとしてもやめることができない。

我推开露儿的手,说你自己看着买些家具吧,公司今天还有事。露儿分明地不高兴起来,毕竟,今天说好了要带她去买家具的。关于离婚的那个可能,已经在我的心里愈来愈大起来,原本觉得是不太可能的事情,竟然渐渐地能在心里想像成可能。

私は露児の手をほどいて「あなた自身で家具を見て買ってください、私は今日は会社でまだ用事があるから」と言った。露児は明らかに不機嫌になって、結局、今日は彼女を連れて家具を買いに行く相談がまとまった。離婚の可能性については、私の心の中でますます大きくなって、以前はあり得ない状況だと思われたが、意外にも私の心の中で次第にありそうな事に思われてきた。

只是,我不知道如何对妻子开口,因为我知道,开口了之后必然要伤害她的。妻没有对不起我的地方,她依旧忙忙碌碌地在厨房里准备晚上的饭菜,我依旧打开电视,坐在那里,看新闻,饭菜很快上桌,吃饭,然后两个人在一起看电视,或是一个人坐在电脑前发会儿呆。想像露儿的身体,成了我自娱的方式。试着对妻说,如果我们离婚,你说会怎样?妻白了我一眼,没有说话,似乎这种生活离她很远。我无法想象,一旦我说出口时,妻的表现和想法。

ただ、私はどのように妻に言い出せばよいかわからない。なぜなら、これを口に出せば必然的に彼女を傷つけることになると私は知っているから。妻は私に対して落ち度がない。彼女はいつものように厨房で忙しく夕食の支度をして、私はいつものようにテレビを点けて、そこに座ってニュースを見る。まもなく食事がテーブルに乗せられ、食事をして、それから一緒にテレビを見るか、あるいは一人でパソコンの前に座ってぼんやりする。露児の身体を思い描くのが一人の楽しみになっている。試しに妻に「もし私たちが離縁するならあなたは何と言うだろうか」と聞いた。妻は私を一目睨んで何も言わない。生活はこんなにも彼女から遠く離れたようだ。一旦私が口に出したら彼女がどんな表現と考えかたをするか、私にはまったく想像できない。

妻去公司找我时,露儿刚从我办公室里出来。公司里的人的眼光是藏不住事情的,在几乎所有人都以同情的目光和那种掩饰的语言说话的时候,妻终于感觉出了什么。她依旧对着我的所有下属以自己的身份微笑着,但我却在她来不及躲闪的一瞬间,从她的眼神中读出了一种伤害。

妻が会社に私に会いに来たとき、露児が私の事務所から出てくるところだった。会社の人の目つきには隠すことができない事情が表れて、ほとんどすべての者が同情の目と取り繕う言葉を言ったとき、妻はとうとう何かを感じ取った。彼女は自分の体面から依然として私のすべての部下に微笑んでいたが、私は彼女が避けるのが間に合わなかった一瞬の間に、彼女のまなざしから傷ついた事を読み取った。

露儿再次对我说,离婚吧何宁,我们在一起。我点头,心里已经将这个念头扩到非说不可的地步了。妻端上最后一盘菜时,我按住了她的手。说我有件事要告诉你。妻坐下来,静静地吃着饭,我想起了她眼神中的那种伤害,此刻分明地再一次显出来。突然间觉得自己有些不忍,但事到如今,却只能说下去。咱们离婚吧,我平静地说着不平静的事。妻没有表现出那种很特别的情绪,淡淡地问我为什么。我笑,说:不,我不是开玩笑,是真的离婚。妻的态度骤然变化起来,她恨恨地摔了筷子,对我大声说,你不是人!

露児は再度私に言った。「離婚してください何寧。私たちは一緒に住みましょう。」私はうなずいて、心の中でこの考えは言わずには居られないものになっている。妻が最後の料理の皿を運んだとき、私は彼女の手をつかんで「あなたに言わなければならないことがあります」と言った。妻は座って、静かに食事をする。私は彼女のまなざしのあの傷ついた様子を思い出した。この時明らかにふたたび現れた。突然耐えられない感じがしたが、事ここに至っては言うしかない。「私たちは離婚しよう。」私は平静に平静でない事を言った。妻は特に感情を表さずに、静かに私に「なぜですか」と聞く。私は笑って「ちがう、冗談を言っているんじゃない。本当に離婚するんだ」と言う。妻の態度は突然変わって、彼女は恨みを込めて箸を落として、私に大声で言った。「ひとでなし!」

夜里,我们谁也没理谁,妻在小声地哭,我知道她是想知道为什么。但我却给不了她答案,因为我已经在露儿给我的感觉里无法自拔。我起草了协议给妻看,里面写明了将房子,车子,还有公司的30股权分给她。写这些东西时,心里是一直怀了对妻的歉疚的,妻愤愤地接过,撕成碎片儿,不再理我。我感觉自己的心竟然隐隐地有些疼起来,毕竟是一起生活了十年的爱人,所有的温柔都将在未来的一天变成陌路一般的眼神,心里也有些不忍,但话一出口,毕竟是来不及收回的。

夜、私たちは互いに無視して、妻は小声で泣いて、私は彼女が理由を知りたがっていると知っていた。しかし私は答える事はできない、なぜならわたしはすでに露児が私に与えた感覚から抜け出せなくなっているから。私は協議書を書いて妻に見せた。そこにはマンションと、車と、会社の30%の権利を彼女に分け与えると明記した。これらの物を書いているとき、心では妻に対してずっと気がとがめていた。妻は憤って受け取り、粉々に破り捨て、それから私を無視した。私は自分の心に意外にもかすかに痛みが生じたことを感じたが、結局、10年共に生活した愛する人のすべての優しさも将来のある日には道端のありきたりのまなざしに変化する。心ではすこし耐えられないが、しかし一度言ってしまった事は取り返しが付かない。

妻终于在我面前放声大哭,这是我一直以来想得到的,似乎是释放了什么东西一般,几个星期以来的压抑的想法都随着妻的哭声而变得明朗而坚决起来。陪客户喝酒,半醉的我回到家中时,妻正伏在那里写着什么。我躺在床上睡去,醒来的时候,发现妻依旧坐在那里。我翻个身,再沉沉地睡去。终于闹到了非离不可的地步,妻却对我声明,她什么也不要我的,只是在离婚之前,要我答应她一个条件。妻的条件简单,便是再给她一个月的时间,因为再过一个月,孩子就过完暑假了,她不想让孩子看到父母分开的场面,而且,在这一个月里还要像以前那样生活。

妻はついに私の前で大声で泣いたが、これは私がずっと予想していた事で、あたかもすべての物を開放して、数週間の重苦しい考えが妻の泣き声につれて明朗で堅い決心に変わった。接待で酒を飲んで、半ば酔った私が家の中に着いた時、妻はそこにうつむいて何かを書いていた。 私はベッドに横になって寝た。醒めた時、妻が依然そこに座っていることを発見した。寝がえりを打って、再び深く眠った。ついに離婚するしかなくなって、妻は私に申し伝えた。彼女は私の物は何も要らない。ただ離婚する前に彼女の一つの条件に答える必要がある。妻の条件は簡単で、彼女にあと1カ月の時間を与えるというものだ。というのはあと1カ月過ぎれば子供の夏休みが終わる。彼女は子供に両親が別れる場面を見せたくなかった。そこでこの一ヶ月間、以前と同じように生活したいというのだ。

我接过妻写的协议,她问我,何宁,你还记得我是怎么嫁过来的吗?蓦地,关于新婚的那些记忆涌上来,我点头,说记得。妻说,是你将我抱进来的,但是我还有个条件,就是要离婚了,你再将我抱出这个家门吧。这一来一去,都是你做主好了,只是,我要求这一个月,每天上班,你都要将我抱出去,从卧室,到大门。

私は妻が書いた協議書を受け取った。彼女は私に聞いた。「何寧、私がどのように嫁に来たか覚えていますか?」 突然、新婚のあの頃の記憶が湧きあがった。私はうなずき「覚えている」と言った。妻は言う。「あなたは私を抱いて入って来た。しかし私はもう一つ条件があります。離婚したいなら、あなたはもう一度私を抱いてこの家の門を出てください。来た時、去る時、どちらもあなたが主人公になればよい。ただ私は、これから一カ月、毎日出勤時に、あなたに寝室から門まで私を抱いて行ってほしい。」

我笑,说:好。我想妻是在以这种形式来告别自己的婚姻,或是还有对过去眷恋的缘故。我将妻的要求告诉了露儿,露儿笑得有些轻佻,说再怎么还是离婚,搞这么多花样做什么。她似乎对妻很不屑,这或多或少让我心里不太舒服。

私は笑って言った。「いいでしょう。」 私は妻が、この形式で自分の婚姻に別れを告げたいか、またはまだ過去に未練があるのだろうと思った。私は妻の要求を露児に伝えた。露児は軽薄に笑って言った。「いまさらどうやってもどうせ離婚するのに、なぜこんな無駄な事をするのか。」 彼女は妻に対して敬意が無いようで、これは多少私の心中で感心できない気がした。

一个月为限,第一天,我们的动作都很呆板。因为一旦说明之后,我们已经有很久没有这么亲密接触过了,甚至连例行的每周两次做爱时间也取消了,每天都像路人一样。儿子从身后拍着小手说,爸爸搂妈妈了,爸爸搂妈妈了,叫得我有些心酸。从卧室经客厅,出房门,到大门,十几米的路程,妻在我的怀抱里,轻轻地闭着眼睛,对我说,我们就从今天开始吧,别让孩子知道。我点头,刚刚落下去的心酸再一次地浮上来。我将妻放在大门外,她去等公交,我去开车上班。

一カ月の期間の第一日、私たちの動作はぎこちなかった。なぜなら、一旦言ってしまった後で、私たちはすでに長い間こんなに親密に接したことが無く、恒例の週に2回のセックスの時間でさえキャンセルされていたので、毎日通行人とかわらなかったからだ。子供は私の後ろで手を叩いて「お父さんがお母さんを抱き上げた、お父さんがお母さんを抱き上げた」と叫ぶと私は少し辛くなる。寝室から客室へ、部屋を出て門に着く、10数メートルの道のりで、妻は私に抱かれて軽く目を閉じ、私に言った。「私たちは今日から始めましょう。子供に知られないように。」 私はうなずいて、たったいま沈んだつらい気持ちが少し明るくなった。私は門の外で妻を下して、妻はバスを待ちに行き、私は車で出勤した。

第二天,我和妻的动作都随意了许多,她轻巧地靠在我的身上,我嗅到她清新的衣香,妻确实是老了,我已有多少日子没有这么近的看过她了,光润的皮肤上,有了细细的皱纹。我怎么没发现过妻有皱纹了呢,还是自己已是多久没有注意到自己这个熟悉到骨头里的女人了呢。

二日目、私と妻の動作はずいぶん慣れて、彼女は器用に私にもたれて、私は彼女のさわやかな服の香りを嗅いだ。彼女は確かに老いた。私は長い間こんなに近くで彼女を見たことが無かった。つやつやした皮膚には細い皺があった。私はどうして妻の皺があるのを見つけなかったのか、あるいは私は自分がこんなに知りぬいた女をそんなに長い間注意したことが無かったのか。

第三天,妻附在我的耳边对我说,院子里的花池拆了,要小心些,别跌倒了。

三日目、妻は私の耳元で私に言った。「庭の花壇が壊れています。気をつけて躓かないように。」

第四天,在卧室里抱起妻的时候,我有种错觉,我们依旧是十分亲密的爱人,她依旧是我的宝贝,我正在用心去抱她,而所有关于露儿的想像,都变得若有若无起来。

四日目、寝室で妻を抱き上げた時、私は、私たちがいまでも十分親密な恋人で、彼女は依然として私の可愛い人であるような、ある種の錯覚をもった。私は気をつけて妻を抱いた時、露児に関する想像はすべて有るか無いかわからぬほどになった。

第五天,六天,妻每次都会在我耳边说一些小细节,衣服熨好了挂在哪里,做饭时要小心不要让油溅着,我点着头,心里的那种错觉也越来越强烈起来。

五日目、六日目、妻は毎回私の耳元でなにかちょっとしたことを言った。「アイロンの利いた服はどこにかかっています」、「料理するとき気をつけて油が飛ばないようにしてください」、私はうなづきながら、心の中のあの錯覚も次第に強烈になってきた。

我没有告诉露儿这一切。感觉到自己越来越不吃力了,似乎是锻炼的结果,我对妻说,现在抱你,不怎么吃力了。

私は露児にこのことを一切伝えなかった。次第に軽々と出来るようになり、あたかも鍛錬の結果のようで、私は妻に「いまではあなたを抱くことがちっとも骨が折れない」といった。

妻在挑拣衣服,我在一边等着抱她出门。妻试了几件,都不太合适,自己叹了口气,坐在那里,说衣服都长肥了。我笑,但却只笑了一半,我蓦然间想起自己越来越不吃力了,不是我有力了,而是妻瘦了,因为她将所有的心事压在心里。那一瞬间,心里紧紧地疼起来,我伸出手去,试图去抚妻的额角。

妻は服を選んでいて、私は片隅で彼女を抱いて門を出るために待っている。妻は何着か試みたがどれも合わなくて、一人でため息をついて、そこに座って「服がみな成長した」と言った。 私は笑って、しかし半分笑ったところで突然自分が次第に軽々と出来るようになったことを思い出した。それは私が力持ちになったのではなく、妻が軽くなったのだ。なぜなら彼女のあらゆる考え事が心の重荷になっているから。その一瞬、心にきつい痛みが生じて、私は手を伸ばして妻のこめかみを撫でようとした。

儿子进来了,爸爸,该抱妈妈出门了。他催促着我们,似乎这么些天来,看我抱妻出门,已经成了他的一个节目。妻拉过儿子,紧紧地抱住,我转过了脸不去看,怕自己将所有的不忍转成一个后悔的理由。从卧室出发,然后经客厅,屋门,走道,我抱着妻,她的手轻巧而自然地揽在我的脖子上。我紧紧地拥着她的身体,感觉像是回到了那个新婚的日子,但妻越来越轻的身体,却常常让我忍不住想落泪。

息子が入って来きて、「お父さん、お母さんを抱いて門を出て」と、彼は我々を督促し続ける。この数日で私が妻を抱いて門を出ることが彼の番組になったようだ。妻は子供を引き寄せて強く抱いた。私は自分のひどい行いが一つの後悔の理由に変化することを恐れて、見ないように顔を背けた。寝室から出発して、それから客間を通り、家の門、通路、私は妻を抱き続けて、彼女の手は器用にそして自然に私の首に巻きついた。私は彼女の体をしっかり抱き続けて、あの新婚の日々に戻ったような感じがしたが、しかし妻の体は次第に軽くなって、常に私は涙を落としたい気持ちを我慢できなかった。

最后一天,我抱起妻的时候,怔在那里不走。儿子上学去了,妻也怔怔地看着我说,其实,真想让你这样抱到老的。我紧紧地抱了妻,对她说,其实,我们都没有意识到,生活中就是少了这种抱你出门的亲密。

最後の日、私が妻を抱いたとき、呆然としてどこにも行かない。子供は学校に行った。妻もぼんやり私を見て言った。「実は、本当はあなたにこのように抱かれて歳を取りたい。」 私はしっかり妻を抱いて、彼女に言った。「実は、私たちはみな意識しなかったが、生活の中でこのようにあなたを抱いて門を出るような親密さが不足していた。」

停下车子的时候,我来不及锁上车门,我怕时间的延缓会再次打消我的念头。我敲开门,露儿一脸的惺松。我对她说,对不起露儿,我不离婚了。真的不离了。露儿不相信一般看着我,伸出手来,摸着我的头,说你没发烧呀。我打开露儿的手,看着她,对她说,对不起露儿,我只有对你说对不起,我不离婚了,或许我和她以前,只是因为生活的平淡教会了我们熟视无睹,而并不是没有感情,我今天才明白。我将她抱进了家门,她给我生儿育女,就要将她抱到老,所以,只有对你说对不起。

車を停める時、私は急いでドアをロックした。私は時間が過ぎるとまた私の意志が消えてしまうのではないかと恐れた。私は門を押し開けて、露児は寝ぼけた顔だった。私は彼女に言う。「すみません露児、私は離婚しない。本当に離婚しない。」 露児は信じられないように私を見て、手を伸ばして私の頭を触って「あなたは熱があるのか」と言った。私は彼女の手をほどいて、彼女を見て、彼女に言う。「すみません露児、私はただあなたにすみませんと言うだけだ。私は離婚しない。もしかしたら私と彼女は従来はただ生活の平淡さから互いに無関心だったかもしれない。しかし感情が無いわけではないと、私はやっと今日わかった。私は彼女を抱いて家の門を入った。彼女は私のために子供を産み育てた、それで彼女を抱いて歳を取ろうと思う。だから、あなたにはただすみませんと言うしかない。」

露儿似乎才明白过来,愤怒地扇了我一耳光,关了门,大哭起来。我下楼,开车去公司。路过那家上班时必经的花店的时候,我给妻子订了一束她最喜欢的情人草,礼品店的小姐拿来卡片让我写祝语,我微笑着在上面写上:我要每天抱你出家门,一直到老。

露児はやっと分かって来たようで、激怒して私を平手打ちして門を閉ざして、大きな泣き声が起きた。私は建物を降りて、車を運転して会社に行く。会社に行くとき必ず通るあの花屋で、私は妻に彼女が最も好きな勿忘草を注文した。ギフト店の店員が私が祝いの言葉を書くカードを持ってきて、私は微笑しながらその上に「私は毎日あなたを抱いて家の門を出て、それだけで歳を取りたい」と書く。



2012年4月13日作成 home pageへ